- MENUを閉じる -

人間関係の疲れ卒業

ママ友がしんどいのは脳の仕組みが違うから?

PTA会合の目的を果たさず、関係のないおしゃべりを続けるママ友連中。


こんなママ友の人間関係にしんどいと思われる人もいるんじゃないでしょうか?


井戸端会議に馴染めないのは思考が違うためで、子どものためにと無理に参加してもストレスなだけ。


では、どのように考えればいいのでしょうか?


目的重視か?プロセス重視か?

大きく分けて、この2つに分かれます。


PTA会合で決め事をまとめるという目的達成を重視するタイプの人もいれば、決め事をまとめる事に参加せずにPTAで集まった人たちでわいわいと雑談するというプロセスを重視するタイプの人もおられます。


この、目的重視かプロセス重視かは脳の仕組みによって違います。


別の例えでいうと、


夫が新しいカバンを買おうとしている夫婦がいました。


2人でショッピングモールに向かいました。


脳の仕組みが違うから【エグゼ】


脳の仕組みが違うから【エグゼ】


つまり、夫は目的重視で妻はプロセス重視なので、一緒にショッピングモールには来ているものの、おたがいのやりたい行動が違うという事ですね!


脳の仕組みが違うから【エグゼ】


目的重視かプロセス重視はどの様にわかる?

一般的に、男性は目的重視で、女性はプロセス重視と言われています。


ただし、性別による特性ではなく、脳の特性の問題です。


たまたま男性に目的重視する人が多くて、女性にプロセス重視する人が多かっただけで、男性でもプロセス重視の人も居ますし、女性でも目的重視の人は居られます。


これはおでこを見たらその傾向がわかります。


このおでこの見かたについては、別の機会に詳しく説明します。


ママ友のPTAのケースで言うと

目的重視のタイプの人は、目的であるPTA会合の内容を決めてそそくさと解散します。


プロセス重視の人は、PTA会合の内容を決めに来ているものの、集まった人たちでわいわいと雑談する事を楽しもうとします。


井戸端会議がしんどい人は女性であっても、目的重視が強いタイプなのかもしれませんね。


目的重視のタイプの人は女性でも、男性と同じ仕事を任されている事も多いです。


脳の仕組みが違うから【エグゼ】

btn close