- MENUを閉じる -

ダイエット・健康

リバウンドの定義


「一般的に言われるリバウンドってどんなの?」


ダイエットを辞めたり失敗して、体重が元に戻ったりを繰り返すこと。
リバウンドをしているうちに、痩せにくい体質に変わっていきます。


これを「ウェイトサイクリング」といいます。


多くのケースではダイエットしているうちに必要な筋肉量まで減らしてしまい、代謝が悪化し、結果カロリー消費されにくくなり、痩せにくくなってしまう訳です。

ダイエットは一生涯ダイエット


この考えが長い目で見れば一番のリバウンド防止になると思います。


「ダイエットを辞める」という事は、ダイエットをする前の食生活・生活習慣に戻すという解釈であれば、痩せた体重が戻っていくのは当然の事です。


ダイエット終了後は、ダイエット前の食生活・生活習慣に戻のではなく、その状態をキープする環境に変えていく必要があります。


ダイエットの期間、好きなものを我慢するという考え方ではなく、食生活・生活習慣を肥満にならない様に変えていく、「一生涯ダイエット」のマインドにしていくことがリバウンド防止になります。

ダイエットに対する考え方を変えるために


まず、強い目標が必要となります


食生活や生活習慣を変えることは多くの人にとって厳しいことなので、気軽な気持ちだと自分の欲求を制するのは大変になるので。


具体的にどうなりたいかをイメージする事はとても大切です。


  • ・「異性に持てたい」
  • ・「海水浴に行く時までに引き締まった体になりたい」
  • ・「二の腕のたるみなくして、パーティーでドレス着たい」

など、強い思いで明確であればどんなでも良いと思います。



正しい知識を得る


  • ・なぜ、ダイエットが必要か
  • ・どうやったらダイエットに成功するか
  • ・リバウンドしない方法

知識を入れてダイエットに望むのと、言われっぱなしの事を行うのではあなたの確信が違ってきます。


確信があれば、強い意志でダイエットを続けやすくなりまし、テレビや雑誌で氾濫したダイエット情報に右往左往する事もなくなります。



明確なプランを立てる


いつまでにどうなるか、何をするかという具体的なプランがあると目先のダイエットが続けられます。


プランがなかったり、現実とは違うプランで行うとダイエットを続けることに不安になってしまいます。


大きな目標と達成の確認ができる小さな目標を組み合わせると良いでしょう



サポート体制を築く


ひとりでダイエットを行うと、わからないことがあったり、停滞期になると不安になってしまいます。


また、心が折れそうになったとき、サポートしてくれる人が居ると軌道修正もかけれますので、信頼のおける人に打ち明けて協力してもらいましょう!


身内の方でも恋人でも良いと思います。


「食事をサポートしてくれる人」

「ダイエットの知識がある人」

「批判的でない人」

これらの方が良いですね。


サポートしてくれる人に知識がなくても、あなたがきちんとした知識を持っていて、サポートしてくれる人に説明ができたら問題ないです。
一緒に調べたりしてもいいでしょう

btn close